symats' Fetish World

催眠洗脳悪堕ち、ヒロピン、SM、ふたなり、ASFR、人体改造等のDLコンテンツ紹介など。



カテゴリ: マスク・ラバー・マミー/Mask, Rubber, Mummy

褐色巨乳女剣士の弟子「お師様!ダメですってば!」

褐色巨乳女剣士の弟子「お師様!ダメですってば!」@DLsite

山の主と恐れられる女剣士。
首を取ろうと向かった男だったが恐怖から弟子になる事に。
女剣士は弟子に情がわいていき・・・

ヒロイン陵辱図鑑 ソフトタッチ焦らし責め

ヒロイン陵辱図鑑 ソフトタッチ焦らし責め@DLsite

フルカラー漫画「ヒロイン陵辱図鑑」シリーズの19作品目です。

戦闘ヒロインのホットシェルが、謎のラバースーツ愛好家に拘束され、執拗な焦らし責めを施されます。
ヒロインはぴっちりスーツを着せられ、マジックハンドによる愛撫や玩具、三点媚薬責め、全身わた棒責めや触手によるクンニや挿入など、必死に抵抗しながらも徐々に快楽に対する欲求を高められ、次第に自ら快楽を求めるようになっていきます。

『WJW』ぴっちりスーツ×本格バトル

『WJW』ぴっちりスーツ×本格バトル@DLsite

運動能力を飛躍的に向上させるボディアーマー(ぴっちりスーツ)を着た女の子たちによる熱血バトル漫画です

作中の競技は架空のものですが基本的には相撲のルールで行われます
相手をリングアウトさせるか、転倒させれば勝ちです

スーツが弾け飛ぶほどの派手な戦いが見どころです

3・リリース!

ラバーマーチング

ラバーマーチング@DLsite
@DMM

顧問の先生の独断で勝手に作られたラバー製のマーチングユニフォームを渋々着用する女学生。初めはその独特の質感、臭いに嫌悪感を露わにするが、次第にその不快感がクセになっていき、自分はそんな変態女じゃないとラバースーツに欲情する狂っていく自分に抗おうとするが、すっかりラバーの魅力に取りつかれてしまい、最終的にはラバースーツを着ていないと落ち着かない重度のゴム狂いの変態女へと目覚めてしまうお話。

ラバーマーチング2

ラバーマーチング2@DLsite
ラバーマーチング2@DMM

ブレザーのインナーにラバー製のコスチュームを着ていないと落ち着かないほどゴムに依存するようになった女学生二人がキスしたりディルドしゃぶったりしていちゃいちゃするお話。

ラバースーツのエロさをフィクション全開で前面に押し出した、私式ゴムエロ漫画第二弾。

ラバーマーチング3

ラバーマーチング3@DLsite
ラバーマーチング3@DMM

ラバースーツを着たふたなり娘が浴槽に精液を溜めたり、その精液をスーツの中に流し込んで人間コンドームごっこして遊んだり、精液風呂に入ってラバー越し精液でヌチュヌチュ女性器いじくってオナニーしたり、ラバーの上から妹の水着を着て着衣オナニーして楽しんでたら突然妹が帰宅したりする。そんなお話。

ラバースーツのエロさをフィクション全開で前面に押し出した、私式ゴムエロ漫画第三弾。

Gags 2 - 2 Tight 2 Curious

Gags 2 - 2 Tight 2 Curious@DLsite
Gags 2 - 2 Tight 2 Curious@DMM

「Gags 2 - 2 tight 2 curious」Gag Snobが拘束され猿ぐつわをされた女の子達の贅沢なE-bookで戻って来ました!

これは、「Gags that won't make her run away」の続編タッチとなっていますが、この作品だけでも十分にお楽しみいただけます。第一作目で描かれなかった口を塞がれるバリエーション、そして更なる口塞ぎの方法も含めての作品です!

女教師拘束連続アクメ!機械姦女子校ジャック

女教師拘束連続アクメ!機械姦女子校ジャック@DLsite
女教師拘束連続アクメ!機械姦女子校ジャック@DMM

女教師拘束連続アクメ!機械姦女子校ジャック 

少子高齢化改善実験のためという名目で女子高のとあるクラスを占拠する悪い博士。
博士の持論によると、イけばイくほど妊娠率が比例して上がるという。
持論実証の為の実験にジャックされる教室。ざわつく女生徒。
生徒を犠牲にするわけにはいかない…!
私が身代わりになるから生徒には手を出さないで!と、自ら実験台に名乗りをあげる女教師。
女教師が一度イったら一人女子生徒を差し出さなければいけない…!

果たして女教師は機械責めに耐える事が出来るのか…?

そるでいあプチセレクション5

そるでいあプチセレクション5@DLsite
そるでいあプチセレクション5@DMM

そるでいあプチセレクション5
そるでいあシリーズのプチ総集編第5弾です。

特殊女捜査官・恥辱のシナリオ
プロレズ バイブタイトルマッチ・絶頂失神選手権

このページのトップヘ