高圧的な女刑務官のパワハラオナ指示、受刑者の四つん這い強制せんずり射精

高圧的な女刑務官のパワハラオナ指示、受刑者の四つん這い強制せんずり射精@DLsite

刑務所に収容されている受刑者307番。女刑務官に「いやらしい目で見ていただろう?」と因縁を付けられる。
身に覚えがないと言っても聞き入れてもらえず、「お前の前科は強姦罪だったなぁ」と過去を調べられ
「そんな聞き分けなのないち〇ぽしといてぇ、あたしのこといやらしい目で見ないわけないよねぇ?」と更に絡まれてしまう。
犯罪抑止で毎日射精しておけば、刑務所内でも悪さはしないだろうと、せんずり射精を強要される。
「まずは四つん這いになれ!」と高圧的に命令され、「受刑者のくせに刑務官様を待たせるな」とせかされる。
四つん這いにさせられ、ち〇ぽもキ〇タマもお尻の穴も丸見えの状態で牛の乳しぼりのようにせんずり強要をされる。
「家畜以下なんだからそれがお似合い」と高笑いされ、怒涛の言葉責めの中、受刑者は強制せんずり射精で果ててしまう。