第3話・リリース!

テンタクラーミズキ 第1話

テンタクラーミズキ 第1話@DLsite
テンタクラーミズキ 第1話@DMM

調査依頼を受けて怪しげな研究所に侵入、調査をしていた触手使い(テンタクラー)のミズキ。
最深部にいくと同じテンタクラーである紫電のリリィと遭遇するも、
道中触手の力を使い過ぎたミズキはあっさりやられてしまう。
オシオキと称してリリィによる電撃触手責めを受けるミズキは、
尿道に触手を突っ込まれ、膣、アナルにも極太の触手を挿入、身体の内外から電撃を浴びせられてしまう。
カプセルに入れられ触手責めによるエナジー吸収と電撃に悶絶するミズキであったが、
彼女には他にはない特殊能力を持っていて……?

テンタクラーミズキ 第2話

テンタクラーミズキ 第2話@DLsite
テンタクラーミズキ 第2話@DMM

ミズキに敗北したサリィは
再びミズキと対決するため研究者に自身の身体強化をするように命令する。
だが、その強化方法は身体の内部に投薬して行うものであり、
サリィの膣やアナルに機械を挿入していくものだった。
さらに尿道にもチューブを挿入され、乳首やクリトリスにも注射され
悶絶したサリィは薄れゆく意識の中で強化されていったのであった。

その後研究所を潰していくミズキの前に現れたサリィは
ミズキの脳内に触手を伸ばし、脳神経を狂わせ触手による回復能力を封じたあと、
電撃混じりの触手でミズキを嬲っていく。
回復できずになすがままにされたミズキは
穴という穴を犯されながら悶絶するのであった……。

テンタクラーミズキ 第3話

テンタクラーミズキ 第3話@DLsite
テンタクラーミズキ 第3話@DMM

サリィに敗北し、研究所の捕らわれの身となったミズキ。
実験台として拘束され、データ採取という名目で
クリトリス、尿道、肛門、膣内から子宮管に至るまで執拗な責めを受ける。
脳神経を制御され反撃も許されない状況の中、
ミズキは研究所がサリィを使い捨ての実験台にしていた事実を知る。

その後、ミズキの前に再び現れたサリィは、
ミズキに仕掛けた脳内の触手から研究所の本質を知り、
自分の身体を玩具にした研究所に復讐を決意するのであった。

研究所は裏切ったサリィの処分を決め、
テンタクラーの生体データを元に作られた人造触手使いを投入。
その圧倒的な力を前に二人は……。